FC2ブログ

shin1観察日記

自分の所業を見つめなおすblogです

九月七日 キノの旅1

腰が痛いです。。。
腰痛とかではなく、朝着替える前にベッドに突っ伏していたのですが起きなきゃと思い
思いっきり体を起こしたらテーブル?っぽいカドが腰にヒットしてしまって。。。

それは置いといて小説の紹介です。

キノの旅 The beautiful world

キノの旅
時雨沢 恵一〔著〕
メディアワークス (2000.7)


世界を旅をする少女キノと人の言葉を話すモトラド(二輪車)「エルメス」の不思議なお話

キノが色々な国へ行きそこで見たものとは・・・・
「世界は美しくなんかない、そしてそれ故に、美しい」

第一話「人の痛みが分かる国」
 キノが訪れた国・・・そこには人はなく、機械が全て行ってくれる国でした。
 キノが国を出る時その国に暮らす一人の男と出会い事情を聞いてみると・・・。

第二話「多数決の国」
 寂れた国に訪れたキノ、道路は荒れ草は枯れ人の住んでいる気配すらありませんでした。
 ようやく見つけた人にこの国の事情を聞いたキノは・・・。

「レールの上の三人の男」
 鉄道会社に勤める3人のちょっと悲しいお話

「コロシアム」
 緑の綺麗な平和な国と噂の国を訪れるキノ。
 しかしそこはとても綺麗で平和とは言えない国だった・・・。

「大人の国」
 キノの旅立ちのお話

「平和な国」
 国の人はとてもやさしく国全体で旅人を歓迎した。
 数年前までは戦争が絶えなかったのに何故平和になったのか?
 資料館でキノが見たものは・・・。


感想:
 ほのぼのストーリーかと思いきや、かなり深い内容になっています。
 キノが訪れる国には何かしら特徴があり、それを模索するのも楽しいかもしれません。
 私はまだ1巻しか読んでいませんが、機会があれば2巻3巻と読んでみようと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shin57426.blog16.fc2.com/tb.php/36-09c9c077