FC2ブログ

shin1観察日記

自分の所業を見つめなおすblogです

八月二十三日 Dクラッカーズ1

しばらく書いていませんでした。。。
今日は、紹介カテゴリを作ったので今まで読んだ小説を紹介したいと思います。

第一回 Dクラッカーズ―接触‐touch


帰国子女、姫木梓は編入した葛根東高校で幼馴染がドラッグ「カプセル」をキメているという噂を耳にする。
「カプセルって知ってる?なんでも、飲むと悪魔が出てきて願いを叶えてくれるらしいよ?」

その事実を確かめに幼馴染――物部景に確かめに行くが、冷たくあしらわれてしまう。
しかし、景は会話の途中で激しく咳き込みドラッグの禁断症状の片鱗を見せる。
疑念を一段と濃くした梓は真実を知るためにカプセルについて調べ始めた。

カプセルについて調べ出した頃、クラスメイトの「自称高校生探偵」の海野千絵と出会う。
「その力が欲しいわ。私と組まない?」

カプセルを所持する巨大組織「セルネット」そのインターネットのような管理体制―――
悪魔を呼び出すという噂、不良集団狂犬DD[ドラッグドッグス]そして伝説の悪魔使いウィザード

再開してしまった二人の数奇な運命が今幕を開ける。
「夢も幻も、全ては君のものだ。」


感想:
 ヤバい、イタイ、カッコイイ、そんな言葉が出てきそうな小説です。
 実際、私が持っているわけではなく、友達から貸してもらって読んだ本なのですが、ハマりました。
 なので、多少内容が違っている可能性がありますのであしからず。。。
 個人的に、1巻は解説でした。
 セルネットとはどうなっているのか?ドラッグ「カプセル」とは何か?悪魔とは何か?
 富士見ミステリー文庫で出ていますが、ある程度ミステリー、ほとんど現代ファンタジーって感じです。
 一読してみては如何でしょうか?自分の中の何かが変わるかもしれませんよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shin57426.blog16.fc2.com/tb.php/27-6cad5e86