shin1観察日記

自分の所業を見つめなおすblogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月十日 デュラララ

今日は久々に紹介をば。

デュラララ!!×3

デュラララの3巻です。
今回で一区切りつくらしいので読むのが楽しみだー!!

デュラララ!! ×3
成田 良悟〔著〕
メディアワークス (2006.8)
通常24時間以内に発送します。


「あんたは人を殺せるか? 新宿で情報屋なんてやって、何人もの
人間を好きなように弄んで。折原臨也、あんたは、人を殺せるのか?
自分の手で、直接な。ナイフで死なない程度に刺して、お茶を濁し
続けやがって。まあ、何を言っても……結局お前は誰か他人を使う
んだろう?笑える程に、卑怯な奴だなお前は」
東京・池袋。そこには寂しがり屋な過去が集う。
  現実から逃避し続けるボス、
  責任を感じている女子高生、
  友人の想いに気づけない少年、
  乗っ取りを図る男、
  未だ情報で人を操る青年、
  そして漆黒のバイクを駆る"首なしライダー"。
そんな彼らが過去を乗り越え、三つ巴の哀しい現実に向かい合う――。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shin57426.blog16.fc2.com/tb.php/168-833ad4ed

首なしライダーについて

首なしライダー首なしライダー(くび- )は都市伝説の一種。日本各地に見られる。大筋は:ある道路のある地点にピアノ線が張ってあり、そこにあるライダーが猛スピードのバイクで突っ込んでしまい、彼は首をはねられてしまったが、首のないライダーを乗せたままバイクはしばら

  • 2007/03/16(金) 07:20:31 |
  • 噂・うわさ・伝説etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。