shin1観察日記

自分の所業を見つめなおすblogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7のXPモード アプリ登録編

ご無沙汰です。

さて、今回はWindows7 Professional以上に搭載されているXPモードについて
少々説明というか、自分メモを書いていこうと思います。
※上記でも少し触れてますが「Windows7 HomeEdition」の方はXPモードを使用できませんのでご了承ください。

マシンを購入してから早3ヶ月、流石Windows7の64bit版、互換性の無いソフトがちらほら出てきました。
そんなソフトをWindows7上で動かすというのがXPモードの真髄ではないでしょうか。

というわけで方法を調べたので早速記述したいと思います。

まず、XPモードのインストールですが流石にこれは割愛します。
ご自分でググッて調べてください

さて、本編

まずはXPモードを起動したら実行したいアプリをXPにインストールします。
今回はインストールタイプのツールではないので手動でXPに持ってきます。
Tool設定

次に、そのソフトを起動するショートカットをXPのスタートメニューに登録します。
※All Usersのスタートメニューに設定する必要がありますので注意です。
Tool設定_スタートメニュー

これでXPでの設定は完了し、Windows7のスタートメニューに登録されました。
Win7登録完了

登録されたツールを起動すると、XPモードとしてそのアプリケーションが起動します。
注意点として、XPのデスクトップは表示されずアプリケーションのみ起動されるように見えますが
XPをちゃっかり起動していますのでXPをシャットダウンしてると起動に時間がかかります。
休止モードでもXPモードは閉じれますのでXPは常に休止モードにしておくことをお勧めします。
※ちょっと詳しく調べてないんですが、そのせいでWindows7の動作が遅くなったらすみません・・・。
Win7で起動

今回設定したアプリは加速ツールといってゲーム速度などを自由に設定できるアプリになります。
これ、Win7で起動してるアプリは当然っちゃ当然なんですが出てきません。
なので加速する対象は直接パスを指定して起動するか、XPにてプレイするしか無いので地味に役に立たないんですが
ものはやりようだと思いますので色々考えて使用してみるのも面白いのではないでしょうか。

更新停止してるツールもWin7で問題なく使えればいいんですけどねぇ・・・。

ではでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。