FC2ブログ

shin1観察日記

自分の所業を見つめなおすblogです

九月九日 バッカーノ!1

金曜です。
最近落ち着いてきたので休日出勤しなくてすみそうです。油断は出来ませんが。
さて、小説紹介第三弾です。
同じ作品を一気に紹介した方がいいのでしょうか。。。

バッカーノ! The rolling bootlegs

バッカーノ!
成田 良悟〔著〕
メディアワークス (2003.2)



禁酒時代のお話
「不死の酒」という不老不死になる酒を中心に偶然が偶然を呼びやがて必然へ・・・。

カモッラ「マルティージョ・ファミリー」、マフィア「ガンドール・ファミリー」、泥棒のバカップル、不死者、悪魔。
さまざまな要素が絡み合い螺旋になり、そしてバッカーノ(バカ騒ぎ)が始まる。

人の知識を奪おうとする者、生きる事に絶望する者、切に幸せを願う者
人は罪深く、そしてその罪を洗おうとする。

感想:
 不思議な雰囲気の小説です。
 登場人物が多く、視点もコロコロ変わるので一人称で進むような小説が好きな人にはお勧めできないかもしれません。
 時代は禁酒時代、マフィア、カモッラがひしめき合い運命の螺旋階段を滑り落ちていきます。
 中でも泥棒バカップルの「アイザック」と「ミリア」は最高です。
 バカな言動、バカな行動、それでもって悪党。しかし、どこか憎めない雰囲気があります。
 ああいう人にはなりたくないですが、ああいう人が一人二人いると人生楽しいんでしょうね。
 是非、アイザックとミリアに合いに読んでみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト