FC2ブログ

shin1観察日記

自分の所業を見つめなおすblogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DISSIDIA FINAL FANTASY

寝坊したりガソリンの安さにビックリしてる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
今日(2008年12月22日)入れたら97円とか、色々心配です。

さて、先日12月18日に発売された「DISSIDIA FINAL FANTASY」ですが
某シャントット嬢のアレがアレらしいので20日に買ってきました。
ハマってずっとやってたおかげか寝不足です。

【概要】
歴代FFキャラ(主にⅠ~Ⅹ)の主人公とボスが登場します。
一部ボスじゃない気がしたりラスじゃなく中だったりするのは多分気のせいですよ?
従来のRPGではなくアクションRPGという表記がしっくりきますでしょうか。
レベル、アビリティ(攻撃方法や補助スキルなど)、装備、召喚など
従来のシステムも多々残しています。
そしてパーティ戦ではなく1:1のタイマンです。
アクションなので上手ければレベルが非常に開いていても勝てる・・・というわけでもなく
やはりレベルで上昇するATKやDEFは重要なのでレベル高い方が断然有利ですね。
召喚やその他のシステムで勝てる「可能性」はありますが、やはり能力差が大きいと辛いです。
・・・俺がヘタなだけかもしれませんが。。。


【戦闘システム】
先ほども述べましたように1:1の完全タイマンタイプです。
信じられるのは己のみ!仲間を当てにしてはいけません。
DFFですが、従来の格闘ゲームやアクションゲームと一風変わったシステムとなっています。
勝利の条件は相手のHPを0にする点は同じなのですが
HPにダメージを与える攻撃と攻撃力をUPさせる攻撃が存在します。
HP攻撃は自分の攻撃力(ブレイブ)に応じて相手のHPへとダメージを与えます。
攻撃力UP攻撃(ブレイブ攻撃)はATKとDEFに応じて相手に攻撃力ダメージを与えます。
簡単に言うと相手の攻撃力を横取り40萬するわけですね。
そして相手の攻撃力が0になったらマップブレイブと呼ばれるマップで持っている攻撃力が
自分の攻撃力に更に加算されます。(例:自ブレイブ100 MAPブレイブ200 ⇒ 自ブレイブ300)
基本的な戦術としてはブレイブ攻撃で相手のブレイブを奪って、奪ったブレイブでHP攻撃となります。
この時注意する点がHP攻撃をHITさせた場合、自分のブレイブが0になってしまいます。
0になったブレイブは徐々に回復して基本値に戻っていきます。
この時、自分のブレイブ値が少ないので相手のブレイブ攻撃に注意しましょう。
逆に言えば奪われすぎて2桁となったブレイブはHP攻撃をすることによって簡単に基礎値に戻せます。
ブレイブ攻撃とHP攻撃を組み合わせた自分にあった戦術を探すといいでしょう。
アクションが苦手な人の救済措置として従来のコマンド選択形式でアクションバトルをするモードもあります。
俺は試してないですが、難しいと感じたら試してみるのもいいかもしれませんね。

【その他】
その他にもモグリ通信みたいなモーグリからのメール。
特日(EXPUPやギルUPなど)、スペシャルデー(ほぼ全ての取得値UP)があります。
その中でもフレンドカード交換や対戦、ゴースト対戦、すれちがい通信など
交流機能も充実していて中々長期に渡って楽しめそうな感じです。

【感想】
個人的にはかなりお勧めできるソフトです。
携帯機なので出張や出先で気軽に遊べるという点も評価したい所ですね。
FF旧作が好きな方も要所要所にニヤニヤできることうけあい!
PSPを持っている方で興味があれば購入してみてはいかがでしょうか。
PSPをもっていない方も今ならセット価格2万6千円ぐらいで売ってるらしいので
今が買い時かもしれません。
アトリエ発売までのいい暇つぶしができました。

ではでは。
スポンサーサイト

ガリレオ 容疑者Xの献身

公式HP

見てきました。
ぶっちゃけやってるの知らなかったり見る気も無かったんですが
友人の誘いで行ってきました。
つか、野郎と2人で昼間から映画ってどうなのよ?

まあ、結論から言うと乗り気じゃなく行った割には楽しめました。
トリックを考える暴く、暴かれるってのはやっぱり楽しいね!って事で。
「ガリレオ」というドラマを見た事が無い俺も楽しめるってのはすごいと思います。

以下、ネタバレという感想を書きたいと思うのですが
まだ見てない、これから見るという方はご注意下さい。

【“ガリレオ 容疑者Xの献身”の続きを読む】

八月十日 デュラララ

今日は久々に紹介をば。

デュラララ!!×3

デュラララの3巻です。
今回で一区切りつくらしいので読むのが楽しみだー!!

デュラララ!! ×3
成田 良悟〔著〕
メディアワークス (2006.8)
通常24時間以内に発送します。


「あんたは人を殺せるか? 新宿で情報屋なんてやって、何人もの
人間を好きなように弄んで。折原臨也、あんたは、人を殺せるのか?
自分の手で、直接な。ナイフで死なない程度に刺して、お茶を濁し
続けやがって。まあ、何を言っても……結局お前は誰か他人を使う
んだろう?笑える程に、卑怯な奴だなお前は」
東京・池袋。そこには寂しがり屋な過去が集う。
  現実から逃避し続けるボス、
  責任を感じている女子高生、
  友人の想いに気づけない少年、
  乗っ取りを図る男、
  未だ情報で人を操る青年、
  そして漆黒のバイクを駆る"首なしライダー"。
そんな彼らが過去を乗り越え、三つ巴の哀しい現実に向かい合う――。

十月三十一日 デュラララ!!×2

まだ全部読んでいないのですが・・・。
書きたくなったので書きます!

では、先ほどの続編

デュラララ!!×2



人を愛することに不器用な人々の集う街池袋。
「池袋最強」は誰なのか?
「強さ」とは何なのか?
雑誌のレポーターが池袋最強に迫る!
そこで彼は一人の人物に行き着くのだが・・・。

前作から一年。
池袋に突如として現れた斬り裂き魔。
夜な夜な日本刀をぶら下げ池袋の町で辻斬りを行っているという・・。
最近、池袋で数が多くなってきたカラーギャング「黄巾族」
池袋最強のチンピラ平和島静雄。
新宿を拠点に情報を操る折原臨也。
今だ謎とされる「ダラーズ」の創始者。
そして、生きる?都市伝説と化した「首無しライダー」セルティ。

池袋最強を求めて斬り裂き魔が人々を襲う!
それは憎しみなのか悲しみなのか、はたまた人を愛するがゆえにか・・・。

感想:
 前作同様かなりはっちゃけてます。
 面白い!この一言に尽きると思います。
 前作のキャラも目白押し!
 あのキャラがあんなことに・・・は必見でしょう。
 池袋最強・・・しかし今回もテーマは「愛」です。
 自分の立ち位置を見つけられない女子高生。
 セクハラ疑惑の教師。三流レポーター。
 まだ全部読んでない私が言うのもなんですが、是非読んでみてください!
 あなたの世界が変わるかもしれません。

十月三十一日 デュラララ!!

さて、今日は面白い本を読んだので紹介したいと思います。
二冊ありますのでごゆるりと・・・。

では、まず1冊目です。

デュラララ!!

デュラララ!!
成田 良悟〔著〕
メディアワークス (2004.4)



池袋に住む人々のお話。
電波ストーカー娘、怪しい外人、情報屋を趣味とする青年、
池袋最強のチンピラ、「ダラーズ」という名のカラーギャング
・・・そして都市伝説と化している首無しライダー。
人を愛することに不器用な人々が集う池袋。
テーマは「愛」
狂った世界をお楽しみください。

感想:
 前々から成田良悟の作品を読んでいるのですが、デュラララは先週初めて読みましたね。
 バッカーノシリーズ、バウワウと読んでいて今まではずれがありません!
 作者の人に対してはずれとか失礼ですが、好みもありますので。。。
 そしてこの作品のテーマは「愛」です。
 人ラブ!俺は人が大好きだ!何が好きって全部好きだ!この狂った世界も大好きだ!
 そんなお話です。
 読んでいくうちに世界に引き込まれてしまうのがたまりませんね。
 舞台は現代なので(一部伝説等ありますが)比較的読みやすいと思います。
 あなたの世界が変わるかもしれませんよ?
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。